読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォークで刺した地球を

詩と日記を書いています。

目黒川

今年もちゃんと、桜を見てきた。東京、大人の街。とても綺麗で、全てがどうでもよくなった。桜が誰にだって平等であるなら、それぞれに不都合が出てくる。

親友たちと並んで歩く。スパークリングワイン、ホットチョコレート、ブランデー。去年のことを思い出して泣きそうになった、真っ赤な顔してにやついていた。まだ消えちゃいないな、消えてくれやしないな。

さよならしたあとは、花見をしている人たちを眺めていた。ビルの2階、LINEの画面と白い花、お酒の匂いと電車の通過音。夜だ。あたたかな夜だった。出来るのならば、楽しくてあいまいな記憶だけに酔っていたい。

ハッピーエンドが不要な世界の、横断歩道の白線を行く。

ギブアンドテイク

心がすっきりしない日が増えてきた。テレビの画面の中の可愛い女の子が悩みを話している。頑張っているのを非難するのって嫌いだ。もやもやする。あえて言葉にしない気持ちとか、中途半端な優しさも全部食い散らかしてやりたい。暴君。

私は自分に自信がありません。だからオススメは出来ません。これでは誰も手を伸ばしてくれません。つまりはそういうことです。

努力を続けていれば、結果は必ず出てくれると言われた。日記や詩を書くことも、夜に走ったりすることも、生きることを辞めないこともいつかの私が褒めてくれる。そう信じることしかできないけど、それがきっと正しい。

 

最終コーナーは曲がるな

久しぶりの夜。家のドアを開けた瞬間に春を感じた。もう寒くはなかったから、浮かれながら悲しくなった。また壊れてしまわないようにゆっくり歩く。でも我慢できなくて2曲目のイントロと同時に駆け出してしまった。思ったよりも身体は軽くて、いつもと変わらないトンネル、駅前、自転車置き場、ファミリーマート。胸が苦しくなったのは、いつものゴールの手前。でも、もう少しの乱用をして走った。よくする癖、汗がにじんで服が重たい、小学校の前、横、横断歩道、ラスサビの直前、死にそうな顔を笑いながら走った。最終コーナー。

予想してなかったから、本当は期待していなかったから。でも、桜が咲いていたから、足が止まった。桜なんかに、足を止められてしまった。

耳の外の音楽、少し色が褪せたみたいな、あの時の香りはしない、ニュースがノイズみたいだった。思い出した記憶も、まだ美化しきれてない笑顔もいじわるな顔も、白く映る花のような、変えられなかった偏見も。全部蘇った。まだ、ここに私は一人。ここには私だけが一人、いた。

去年の東京を思い出しながら、月を見上げながら帰った。私は、私のあった場所に戻ってきてしまったんだ。

失って気づくとか、そんなものじゃない。だってまだ何もはじまってはいない。終わってもいない。

私の中にある君が、あの時からずっと同じ呼吸と体温であり続けているうちは。

致死量の桜、満開。喉が渇く、煙草の煙は白くて綺麗。

左手と右手、人々、賑わい、甘いお酒にありふれた贅沢と夜。

大きな背中は、赤信号、エンジンの音、東に向かう。

誓いみたいな祈り、いじわるなくらいがいい。お別れは、まだ早い。

公転した頃には、心臓が茶色く染まっていた。恋をしたつもりだった。

思い出だけで何度でも転んで立ち直るみたいに、私もあのときのまま、変わらない。

目をつぶって、思い出してみると、君は本当に綺麗な横顔をしていた。

 

三日月

意地悪そうに笑う君の目が好きだった。春の夜。頬っぺたをつねられながら私も笑っていた。

どうしても普通にはなれなくて、それでも私は普通であると教えてくれた日を思い出しては三日月が滲んで消えていく。電線と視線で二等分されて、隣町へ消えていく。甘くないコーヒーを私は飲めない。一人じゃヘルメットもつけられない。ヒーローがいなきゃ世界は救えない。君が私を作った。いつだってそう思っているよ。

彼の良さは彼女だけにわかればいいというのだから、君の全ても私だけが知っていられたらよかった。桜の花びらが地面に這いつくばるみたいに、もう戻らない昨日にさようならをした。