フォークで刺した地球を

僕らは、ワンルームの蛍光灯の下で。

私が星になれたら

群がる人々の喧騒を抜けられず、花火にも夜空にも君にも視線を奪われる今年の夏。甘くない生クリーム、冷たいシャワー、嘘がつけない君の口。他人と比べてどうだとかあんまり考えなくなった気がしたのに、気まずくなって下を向いてしまうことばかりだ。誰か…

食いわずらい

雨が止もうとしたから、壊れた傘を閉じる。今日はイヤフォンをつけていなかったから、外の音がいつもよりもうるさい。守られていたいのも傷つけられたくないのも、気づきたくなかったのにわかってしまったのは、名前を呼ばれて振り返ってしまった自分が悪か…

ヒロインになりたい

新しい洋服を買ったから違うところにも行けるような気持ちと同じくらい自由な夜がほしい。エアコンのフィルターをようやくきれいにしたから私は人間に戻れる。生きるって働くって明日が来るって果たしてもう全部わけがわからなくなることばかりで、小さな言…

ラスト

厚い雲に星は見えない 3月のままのカレンダー ひらひらと舞うもの全ては いつか思い出されるはず 湿度がだるくて少し優しい 夜風になびく黒髪の命

回る地球

秘密が内緒になったら、君はどんな顔をするんだろう。へろへろになるまで働いて乗る電車の中、ほとんど優しさに守られて生きている気がするだけで私には何もない。痛む喉の奥、綺麗にしたいときに綺麗にできるものがいいと回る地球を見て思う。今が過去にな…

パソコンが壊れて更新できなかったね。

こんばんは。気づいたら6月です。久しぶりの3連休最初は最高で最悪です。でも生きてるんだよなあと涙もろくなったのはいつからだか思い出せない。今さらそんなこと言うんだって事件があって、どうしようもなく自分が醜くなる時もあって、同じくらい牙をむき…

泡沫

君が見ている私は本物で、私は私から見える君が好き。だから明日のために生きる今日は嘘っぽくて気に食わない。伸びた分だけ髪は切って、歩いた分だけ水を飲む。空を飛べるほど軽くなれたら、死ぬまで地面を這いつくばる。一人で生きていけると思うから私は…

迷子

寝違えた首が痛いまま、今日も終わってしまうのか。隣のあの子はオーバーヒートで氷を頭から被っている。君はおそらくもう幸せで、それを感じないことで平静を保っているのだろう。まだ何も始まってもいないのに桜の写真を見るたびに悲しくなるのは無責任だ…

さよならウィークエンド

君は変わっていくのに、私はずっと同じ人のままだ。だけど何一つ覚えてない、この前会ったのもいつだかもう忘れてしまった。昨日から月を見上げるたびに増える不安は、きっとそのうちに消えてしまうこと。風に吹かれながら歩く夜の道は満たされなくても幸せ…

好転

平成からずっと働いていてようやく落ちついた自分を見返すとボロボロになってとても誇らしくて情けなくなる。数もまともにかぞえられなくて、呂律も回らなくなってからが本番。それでも生きること働くことになにか意味を理由を見出してしまったから、サラサ…

また明日

あの青を君は赤と呼ばないから、私の今日は染まらない。雨音が聞えない夜の駐車場の街灯の下の小さな生き物たち。きっと、何かが変わっても僕らはこのままだと笑いあえるのは幸せなことだ。そう信じて傘も差さずに歩いていく歩道の向こう。

ショートブレッド

今日も理不尽で小さな世界で生きて、この前可愛いお店で買ったクッキーがおいしかったことだけが正解の日だった。湿気にやられて消えてしまいそうだし、平成が終わる気だって更々ない。明日もあさっても誰かのことだけ考えて時間が過ぎるのが最高でしょ。き…

思いは

私が言葉にするたびに大好きな君が遠くなる。甘い香りに包まれても可愛い女の子にはなれないから、黄色い線の外側を歩く。風に揺れたそれは、きっと美しいと形容されるのが幸せだ。迷子ではないのに同じ道を何度も通っては喉が渇く。あの桜並木もおしまいに…

優しい傷跡

君なら傷つかないだろうって笑われたけど、私だってあなたと同じ人間ですけど、涙だって出るし死にたくもなるよ、当たり前だろって、言えなかった。だから空気になれたらよかったんだけど、私は私のままでそれはずっと続いていくんですよ。ねえ、今どんな気…

返事を待つ間は

何をしても自由になれないのなら手に届くもの全てを口にして、気になるあの子も檸檬みたいに遠くの人になる。面と向かい合って話せばすぐ終わってしまうから、どうでもいいことを連ねて本当のことは言わないままだ。君が好きだった女の子の名前を教えてくれ…

斜陽

駅のホームで買ったコーヒーを飲まずに流しに捨てて、テレビの向こうの人みたいに笑ってみる。人生が思い通りにならないことが思い通りになっているから、楽しくなって転んだふりをして傷ついても今日と一緒に明日に向かって終わっていく。私に夜が来ても何…

普通になれない

「詩を書けなくなるくらい幸せになれたらいいね」と誰かに言われたことがある。その意味はわかるけど、理解したくない気持ちばかりでどうしても納得がいかなかった。なぞるたびに苦しくなるから、過去はなるべく思い出したくない。あの頃の私はもういないけ…

星が消えても

好きな人が遠くにいってしまって、たぶんもう二度と会えないんだと思う。幼い頃の私を救ってくれたヒーローみたいでとても眩しかった人。 言葉が出なくて、でも今日も終わってしまうから明日になる前に終わらそう。赤い目、視線の先、言わなくてもわかる言葉…

君のせい

桜が咲くから、好きだった人が夢にも出てきた。あの時と変わらない大きな背中で、無口のはずなのにたくさん話しかけてくれた。でも本当は何を話したかも全部忘れて、思い出に君がいたことしかない。そうやって触れていくもの全て壊してしまうような小さな優…

夢中

あまりにも胸がいっぱいで、音楽が聴けない帰り道がある。そんなときに君のことしか考えていないんだなと気づいてしまう。テーブルの上を片付けたら軽くなれた気がしてもうあれから一ヶ月だねと電波の向こうに囁いた。風が強いのも頭が痛いのも何度も起こし…

旅に出る理由

きっといつまでたっても幸せになれない気がするから、ずっと幸せなふりをしている。いろんな人に出会っていろんな形になって自分らしさなんて置いてけぼりで目覚ましをかけずに眠る明日の天気は悪いらしい。飛びだせたら何に生まれ変われるのか、あの背中の…

動かないメリーゴーランド

わがままなお願いごとだね。全て、嘘を混ぜて本物みたいにしているの。 他人しかいない街を逆さまに走る朝は、呪いのような言葉に失われていく水分。 誰かのために買ったプレゼントも渡したら満足して消えてしまいたくなる。 世間知らずでいいじゃないか、も…

ごめんね

ずっと体調が悪くて言葉がまともに出ない日ばかりだった。自分の唯一の場所ってどこなんだろうね、全てが嘘に思えるときだってある。例えば私は自分以外の人なんて本当はどうでもいいんだって言ってるくせに、そんな誰かによって明日も生かされるだろう。君…

弱虫

一人で生きていけないから、君を求めている。喉が痛くて、あくびをすれば涙も出る。 風邪を引いてしまったのだとしたら、もう返すこともできずに捨てた本みたいだね 切り刻まれて、心臓のほとんどを食い潰されて、悪い冗談みたいな話も笑って聞いてしまう。 …

誕生日

今日で25歳になりました。気づいたらもう四半世紀生きていたことになりました。米津玄師のあの歌も随分昔のような気がして、今日の青空はただただ春だった。あたたかかった。 懐かしい人から連絡があって今度会うことになった。もう思い出したくもない頃の友…

いつかの日に

何か書こうとしたのに書きたいこと全部忘れて何度もタイピングしては消している。明日の準備もしてあと寝るだけなのに眠りたくない気持ちをわかってくれる人とは仲良くできると思うんだ。たぶんそのうちこのパソコンが壊れる。この子ね、高校2年生の夏に買っ…

ずるいひと

君が私の名前を呼ぶようになってからもう随分経った気がするんだ。冬はもうすぐ終わるけど、春にはまだ遠い未来。目を腫らして起きた朝、群青色の声、昨日と違うホームの音。あの時の私はもういないけど、ずっと私のまま生きていくの。ごめんね、何度も同じ…

彼方

ポケットに手を突っ込んで、左目から涙を流しながら歩いた。もうすぐ冬が終わってもまた泣いちゃうことばかり起きてしまうね。好きな人を嫌いになる瞬間って、どんな時に起きると思いますか。夜に消えていく二人になれたら、新しい名前ができたら。本棚の並…

優しい雪

髪を切ったのに、誰も気づいてくれなかった。だからトイレの鏡をずっと眺めては昨日の自分に謝り続ける。雪が降り始めたんだ、と誰かが教えてくれたから、とても寒いのに傘も差さずに空を見上げた。濡れた地面も白い息もどこか知らないところまで流されてお…

スカートが、揺れる。

冷たい夜と甘い君の錯覚。朝目覚めて気づくドアの下の鍵。 溺れたら助けてくれるのか。あの時と同じように泣いてしまう。 試着室で高鳴る胸の、満月を見て指をさした先の、お揃いのマグカップの片方は。 全て思い出にして汚されないように守ってきたもの、も…