読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォークで刺した地球を

詩と日記を書いています。

ひとりごと

誰にだってその場の役割は与えられていて、私もその指示に従うように働くけど、代わりがいると途端にそのことに無関心になってナマケモノになる。たぶん、どっかの誰かが泣いていたとしたらもしかしたら私のせいかもしれないって考えてしまうこともある。考え過ぎ。

ネイビーの空と、ブラウンの雲。並列、並行、前に買ったスカートの柄みたいな夜空だなって見上げながらそう思った。苦しみに耐えられるようになっても、それは強さと同義ではないのにね。自分だけが主人公になった世界はとても輝いてる。そう見えたいし、見せたいだけ、魔法も呪いも自分にしか扱えないもの。

泡にもなれたら。

今夜も走ってきた。今日は初めて5キロも走った。すごいでしょ、口、ぽかーんて開きながら、意識飛ばしてた時間が3分はあったと思う。曲ごとにペースが変わるのが悪い癖なので、同じ曲を繰り返してた。ランナーズ・ハイの延長戦。針で刺してやりたいやつらのことも忘れて走り回るのは気持ちいい。これはきっと自由とかに近いやつだと思った。走っている時の心は軽くて素直だ。

現実はまったくの三角の底辺だし、革命なんて起きやしないし。私がジャンヌダルクになんてなれないし、夢と希望に恋する乙女はなんて楽なんでしょう。

失恋の曲を聴いて口を緩ませながら走っていた。あの時の君も私もあなたも全部、沈めてやったのにさ。生まれ変わったら会えるようにって、祈りながら海を遠くにした。

プラットフォーム

トンネル、光の下、 
いつもと同じ曲、ブレイク、 
悔しかった。悔しかったんだよ。 
深い夜、朝とは違う色、 
乱れる呼吸もわからなかった、 
あなたが見たらどう思ったの。 
汗が滲む、ぬるい身体、 
制服のカップルが愛のキスをしてた、3番線。 
サビ前、暗転、私はずっと夜に溶けていたかった。 
下り坂、駆け抜けた。止まりたくなかった。終わらせたくなかった。 
リピートして、ずっと同じ曲を聴く、 
少しずつ崩れていくだけ、 
本物はそれだけ。 

私じゃだめだったことも、 
全部いつか笑い事にする。 
だから私は春になれるように 
明日も生き抜いて死んでいくんだ。 

テトラ

空を見上げて走った、雲で星が見えにくかった、真っ暗のまんなか。いつもと違う道を走った、少しのドキドキとペース配分を間違えた顔。汗だく、でも軽くなるようで、正しいんだよって頷きながら電車を見送った。どこかの夜ご飯の匂い、人とすれ違うのはまだちょっと恥ずかしかったりするから、見ないで。

思い出す人全てが笑っていたわけではなくて、それは私の責任ではないとしても、歪んだ正論がうるさい。理想って、やっぱりどうしようもなく掴めない。だから、私はいつも泣いてしまうし、言葉にしてもうまく理解されない。だってその言葉自体もう偽物だったりするんでしょ、ほら、よくわからなくなったじゃん。

音楽が聴きたい、できれば大きな音で、甘いお酒も飲みたい。楽しいんだって思いたい。

私ね、会いたい人がいるの。ずっとずっと、会いたい人がいるの。

挿花

春になれないものが、形だけの春に取り憑かれるようだった。ニセモノ。あの人は雪が似合う。胃がまだシクシク痛むのも、寝癖まみれの髪を見て笑うのも土曜日らしいなって思うよ。

わかりきったことも、教えてくれない。その口の意味とか、価値とか。シンプルに生きられなくなったら、快か不快かで割り振ってしまうからね。気をつけて、君もね。