フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

帰り道

綺麗な青、群青、
湿度、水しぶき、誰かの吐息、白い息、
イルミネーション、風吹く夜、

 

いつか君にも見せられたらな。
星が眩しい夜空、ピアノの音色、
揺れるあの姿はとても美しいもの。

 

私はずっと一人。
車も人も猫もいない、小さな町で息をしている。

白い月

痛みにひたすら耐えて、病院の外に出たら月が見えた

新宿と欠けた月って、なんだか似ている。

透明な風にいつかはなりたい。

私は人間であって、動物ではないんだ。

いつだって自由にどこにでもいける。

 

看板も揺れる、風が強い。

雨がもう降らなくなったのが寂しくなるみたいに

煩わしい君のこと愛していたよ。

目指してきたもの

前向きな人が好き。

生きるのが楽しいって言ってる人が好き。

笑っている人が好き。

 

綺麗な人になりたい

真っ直ぐな人になりたい

でもきっと全部は叶わないし

私にはできないことがたくさんある。

今の私にできることって少ないんだけど

他の人にはできないこともきっとあると思う。

 

あはは、ほんとは何もできやしないのにな。

でも自分が信じるものの正しさは、絶対に曲げたくない。

私、わたしのこと大嫌いだけど、好きなものには自信が持てるよ。

だから君もあなたもとても素敵な人だとずっと言い続けます。

私もいつかそうなれたらいいな、

そのために生きてるんだよ。

雨降る夜

たまにさ、
自分の手はこんなにも黒かっただろうかって
悩んでしまうことがあった。


好きなもので溢れた部屋なのに、
なぜか居心地がよくない時もあった。

シンプルでありたいと願う日々
好きも嫌いもなくなれば簡単に生きられる気がして
無理だから夢が見られるように
髪が邪魔で前が見えやしない。

誰かを守るために生きる人は弱くて強いものだ、
私は自分のために生きているから強くて弱いのだ。

寂しい夜には決まって雨が降るみたいで
少し嬉しい。
髪を切って軽くなれば
冬だって怖くないかもしれない。

林檎飴

もう手がとどかなくて
でも生きてることだけが確かにわかる。
私の知らない人と恋をして、赤くなって人間になっていく君は
とても美しいと思う。
大きな背中も、濡れたその黒髪も、手を繋いで歩いた横断歩道も
眩しすぎる街灯、桜の匂い、ちゃんと綺麗に思い出にした。
私が私に戻れたのも、死ぬまで生きることを決めたのも
全部君のせいだったんだから、絶対に許さない
死ぬまで許さないから、ちゃんと幸せになって。