フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

夢中

横顔も寝顔もまだ知らない過去もあの夜景も坂道の向こうの景色も二日酔いの朝も全部間違いなく本当で私は今も生きてる。
君がいなくなる時まで一緒にいると言ってくれた人がいて、その言葉は魔法みたいに軽くて台風に吹き飛ばされてほしかった。

君に嫌われないか怯えているうちは、私も女の子なんだって気がして胸が高鳴る。朝がやってくる、いつもと同じだけれどまったく違う日が始まる。

正しいと思えばそれが全てだよね、間違ってないよ。大丈夫、また同じことの繰り返し。安心も安寧もない、夢の中の話。

机の上に物がたくさんあったから、全部箱の中にしまって楽になった。

窓の外、虫がうるさい。いらないものばかり集めている気がする。

扇風機の風で壁のポストカードとドライフラワーがひらひら舞って、落ちてこないか不安になって、

明日には東京にいるのだから無敵にもなれる。遠い街に私の姿が見える。

日曜日にはずっと好きだったバンドのライブにいけるので、

あと少し頑張ってみようと言い聞かせて頭痛と喧嘩してるの。でも負けそう。

最近の自分は、つまらない人間になってしまった。たまに起きることだからもう仕方ないけど、

これが普通だとしたら私は不幸になりたいのか、とか、考えちゃう。

私も結局あなたの一部であるなら、もっと楽に君と出会いたかった。

赤い星

左手の爪が伸びるたびに、部屋に置いてあるギターが錆びていく気がする。

麦茶を飲んで汗をかいて、私は8月45日くらいを過ごしています。麦わら帽子も今日がきっと最後。

イヤフォンしているのに聞えてくる笑い声、電車の中で騒いでいた人たちが少し羨ましかったりもする。

私の中の春はずっと続いているみたいに、終わったと感じたら夏はいなくなる。

だからきっと少し足りないくらいが本当はちょうどいい。

寂しくてどうしようもないわけじゃないけど、君に会えたらもう少し皆に優しくなれると思うんだ。

明日はなにをしようかって、未来のことが楽しみに思えるのも久しぶり。

楽しい人たちってこういう風に生きているのだとしたら、ずるくてとても悔しいです。 

昨日のこと

髪を切ってから初めて会ったから、「ねえ、何か言うことあるんじゃない」って問い詰めても、何も出てきそうにもないから切ったんだよって目を合わせずに言った。そうしたら、あ、そういえばって顔をして「似合ってる、そっちの方が好き」だなんて喋り出す。なんかおかしくて笑っちゃって、私は他人の変化に敏感だけど、案外見られてないのかなって気が楽になった。

新横浜の街はライブ終わりの人たちで大賑わいしていた。やっぱり楽しいほうがいいよね、楽しいことがないとやっていけないよねって同感していた。私も今週末ライブだし。へへへ。待ってろ幕張。

苦労したことだけがちやほやされるのはおかしいよね、楽に生きて楽しいのが最高じゃない?もっと幸せになりたいって主張が受けいられやすくなればいいのにって最近ずっと思っています。 (メモみたいな日記)

西へ行く

やっぱり新幹線は苦手だった。三半規管が頑張ってくれない。アネロンのニスキャップ。修学旅行みたい。

あっという間の2泊3日で、でも出発前から左足が痛くてずっと湿布貼って歩いてました。老いを感じた旅行でした。関西弁とかたくさん聞けるといいなあと思っていたけれど、ほとんどが外国語で笑ってしまった。ふふふ。あと胃もたれ、たぶんずっと胃もたれしてた。あっさりのラーメンで胃もたれ。オオタイサン。

行きたかった伏見稲荷は広くて赤くて人がたくさんいて原宿みたいだった。おみくじを引いたら、末大吉って素敵な言葉に出会った。このまま頑張っていけば本物になれるって、最近は思っていて、それが少しずつ実感と形になってる。たくさん蚊に刺された跡を見返すと切なくなるけど、おしまいはこれが正しい。

夜の祇園も歩いて、なんて素敵な景色なんでしょう~ってふわふわしていた。そうそう、これが調べていた町並みだ、って。何も書いてないお店に入っていく人とか楽しそうにまた~とか話している大人たちがかっこよくて痺れていた。私も大人になりたい、いつかは。