フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

小さな部屋

控えめに流れるジャズ、オレンジ色の灯り、
君がいない、画面の中の揺れている人は誰だ、
爪を短く切った、アルコールには手を出してはいない
目覚まし時計はもう動かない、コップの中は空だ。

乾燥する唇、甘ったるい香りの空間に
見えてほしい現像もいない、首をかきむしって苦しい
膨らんだ風船は割るのが正しいのか、飛ばすのが間違いか
桜が散るのは悲しまない癖に、おしまいを嘆くのはださいね