フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

秘密

また一つ言えないことが増えて

大きくなる世界に私は戸惑うばかりだ

正義が音を立てて崩れたら

誰かが拍手してくれる気がする

 

君のこと嘘にはしないよ

全部飲み込んで私は生き抜いている

 

お気に入りのスカートを履いて

あの時とは違う景色を歩いている

君も僕も私も変わっていってしまうのが

許せなくてとても綺麗だった。