フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

飽食

トーク履歴見て懐かしくなって

夏が終わっていくのも気持ち良くなった

満たされた腹の奥に見えた女の顔、

好きが溢れなきゃ全てが上手くいくのに

木苺のメレンゲ、秋雨の気配、

君はずっと割れた爪を眺めていた。