フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

変われないもの

もう静かな曲しか聞けない、あとは全部ノイズみたいにガサガサしている。

夏が終わってしまった。風が強い日はどうしても顔が険しくなった。

踏切で通せんぼされて、通過する電車を見つめていたら自分の姿も見える。

小さな町では生きにくいです。どこか遠くへいきたい。私を知らない人だけでいい。

胃が痛い。食べて寝て起きて食べて寝ていたい。

たぶん世界を知りたくない。綺麗も汚いも知っているも知らないも全部どうでもいい。

あれ、中学生のときみたいな感情だなって懐かしくなった。

あれから10年くらい経つけど、私はずっとわたしのままだ。