フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

ようやく捨てた

前に住んでいたアパートで使っていたマグネットが見つかったのだけれど、黄ばんでいてなんだか笑えた。

 

私にも若い頃があって、大人に憧れていた時期もあって、でもそれはもう思い出したくもないものばかり。

 

最近はラーメンばかり食べている気がする。罪悪感もなくおいしいねってもりもり食べてる。痩せない。ずっと痩せない。

 

肩こりが辛いから湿布を貼っていたのを忘れて、一緒にお風呂に入ろうとしためいっこに指摘された。大人はしんどいのよ、なんて笑い飛ばしてゴミ箱に捨てた。

 

若いってそれだけで可能性に満ちているみたいでずるい。

 

自分の小さい頃の記憶が美化されすぎて少ししか残っていない。

 

瞼の痙攣は止まって、気づいたら冷房もつけてる。もう夏だよ。暑いんだ。