読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォークで刺した地球を

詩と日記を書いています。

ラン

新しい靴を履いて、暗い夜の中を走った。街灯だけの明かりと、たまに現れる人、きっと帰り道、少し恥ずかしくなる。どうか見ないでくれと思いながら空を眺めていた。

中学時代の記憶とか、走れるようになったときの気持ちとか、何回だって思い出して感動する。私の命から海が切り取れないのと同じくらい、そこにあり続けるもの。
苦しいのが楽しくて、笑いが止まらないの、生きてる気がする。大好きなアーティストの曲を聴いて、呼吸を乱しながら走ること。曲ごとにペースを変えてしまったのは反省します。おかげさまで、今もう足がボロボロなの。明日も走れるかな。
 
変わることは生きること。いつもの逆、でも同じこと、
あたしが消えて私になっても、あの記憶はずっと持ち続けているよ。