フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

エンドロール

別れから始まる物語も、あっていいんじゃないかと思う。
君とさよならした日から、あたしの命は動き出した。

 

桜、コーヒー、雨、寝癖、スーツ、東京、大人、

デブになるよって言われたけど、我慢できなかったプリンとか、

バイク、赤信号、冷たい手、排気ガス、陸橋、

夜が明ける前に、小さな町から逃げる。

 

終わってしまった私の物語を、微笑みながら思い出して

もしあの時手を離さなければ、まだ、とか、ばかばかしくて泣けてくる。

 

桜が咲いて、雨が降って、人は流れて、また辿り着く。

幸福だけを語れないことがこの上なく幸せなんだって、今ならわかる。

 

私の泣き顔を一番知っているでしょ、

それ、自慢していいよ。いつかまた、会えたらね。