読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォークで刺した地球を

詩と日記を書いています。

オリオン

あの道はもう無くなったっていうんだ。

二人でいったコンビニまでの横断歩道とか、陸橋とか、

明け方だから車も人も少なくて、空気だけが透明で。

 

春が近づくにつれて、春になれない私に気づいてしまう。

気づかないふりも見ないふりも、結局は崩れてゆくこと知ってるでしょ。

 

どうしてって、嘆くことも出来ない。

仕方がないことばかり積み上げていくの、今日も。

 

悔しくて泣くとの、嬉しくて泣くのが正しい涙だって教わった。

だから今は間違った涙の使い方してるの。

 

飲み込んだ言葉でお腹がいっぱいになった。

甘い嘘も今はいらない。