フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

生まれ変われたら

今月からもう仕事をしていない。東京にさようならして、実家に戻ってきた。

ほとんど誰かが家にいる。ひとりぼっちってなんだったんだろう。

今は、休む。そう、話したいことがたくさんあるよ。

 

最果タヒさんのエッセイ集を読み終えた。

自分の名前を上手く書く練習もした。

 

お姉ちゃん家族が新しい家を探しているんだって

あれ、またひとりぼっちになっちゃうかもしれないな、とか。

 

変わっていくものばかりだよ。

ね、私の好きなアイスの味ってなんだっけ。

抹茶が好きだったはずなのに、昨日食べたのはそんなにおいしくなかった。

自分のこともよくわからなくなってきた。

絶対に着ないと思っていた白いニットも、昨日の散歩のときに着た。

 

こんなんでも生きているんだよ。不思議だね。

 

春が来る前に、もう少しだけ女の子になろう。その方がきっと楽しいから。