フォークで刺した地球を

日記と詩を書いています。違いがよくわからなくなってきた。

呼吸

乗りたい電車があったから、たくさん走った。

新宿、赤信号。車がいないのを確認して、急いで渡る。

悪いことしちゃった、でもそんなこと考えてる場合じゃないの。

家族が、私を待ってる。そんな理由で走る。息が苦しい。

子供の頃は、軽い喘息で走れない時期が長くあった。

中学生の時にようやく病院にいって、お薬をもらったら途端私よりもみんなが驚いてた。

だって誰もが嫌がる外周を誰よりも長く走っていたのだから。

嬉しかった、苦しくても、走れることが。

息を吸って吐いて、胸が詰まる。汗が垂れる。私は走れる。私は走れる!

横たわって雑に呼吸をする。苦しくて、でも生きていた。

私は、生き始めたんだと思った。